2017年02月13日

はじめまして! ようこそ、ひらくの社労士合格塾へ

 こんにちは、深瀬墾(ふかせ ひらく)です。
そして、はじめましてわーい(嬉しい顔)

 このたびは、私のブログ「ひらくの社労士合格塾」に興味をもっていただき、ありがとうございます。
 このブログでは、社会保険労務士試験の受験勉強方法を中心に、受験勉強で大事なことや心得などについて、時間を見つけて、書いていきたいと思います。
 タイトルは「ひらくの社労士合格塾」ですが、現在、塾をひらいているわけではありません。だだ、今後、できたらとは思っています。
 
 現在、私は、10年目(受験日の平成28年8月28日のときは9年目)の弁護士ですが、
このたび、第48回(平成28年度)社会保険労務士試験(以下「社労士試験」といいます。)に合格することができました。幸いなことに1発合格です。
(ネットで合格を知ったときは、久しぶりに興奮しました手(チョキ)


 確かに、弁護士登録していると、社労士試験を受験、合格しなくても、
社労士として登録させていただくことはできますので、弁護士が合格するのはあたりまえだexclamation&question
と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、トンデモありません。
弁護士でも、しっかり勉強しなければ、まず、社労士試験に合格することはできないと思います。

 現に、私は、直前のTACの全国中間模試(6月実施)と全国公開模試(7月実施)で、A判定からF判定があるうち、2回ともC判定でした。


 TACの模試では、
A判定…合格圏内です。但し油断大敵。より完成度を高めましょう。
B判定…ほぼ合格圏内です。気を抜かずに更なる努力をつづけましょう。
C判定…合格圏内までもう一歩です。弱点を克服しましょう。
D判定…まだ時間はあります。今後の努力次第です。
E判定…より一層の努力を要します。基本事項の再確認をしてください。
F判定…未解答科目があるため、総合判定不能。
という評価です。
 ちなみに、私の点数は、中間模試(選択28点、択一40点)、公開模試(選択31点、択一41点)でした。

 ところが、8月の本試験では、急激に実力が上がったらしく、
選択式31点、択一式50点で合格です。
ただ、選択式の労一は2点しかとれず、救済されています。ホント、助かりました。
合格 293.JPG


 それにしても、このところの社労士試験は、厳しいですよね。
合格率は、平成28年が4.4%、平成27年が2.6%

 私は、平成17年、まだ、法科大学院(ロースクール)卒業生を対象とした試験が始まる前の司法試験(旧司法試験)に合格していますが、法務省のホームページによると、出願者数4万5885人、受験者数3万9415人 合格者数1464人で、合格率3.71%でしたから、
今の社労士試験、合格率は、旧司法試験なみに厳しいんです。

 旧司法試験は、択一式試験(5月実施)、論文式試験(7月実施)、口述式試験(10月実施)の3つの試験に合格すると最終合格になります。
 択一式試験は、試験時間3時間30分で60問を解くもので、択一式試験の試験時間は、偶然にも同じです。また、旧司法試験には、平成17年当時、すでに、組み合わせ問題や個数問題がありました。

 私は、今回、社労士試験を受験してみて、なにやら、かつての旧司法試験の傾向と似たにおいを感じました。
 そこで、今、社労士試験合格を目指している方々の参考になればと思い、今後、私が司法試験の受験勉強や弁護士実務で学んだことにふれながら、社労士試験の受験勉強について、書いていきたい思います。

 私の社労士試験の受験動機などは、後回しにして、次回から、具体的な中身に入っていきたいと思います。
では、また。
posted by ヒラク総合法律事務所 at 18:11 | TrackBack(0) | ひらくの社労士合格塾

2017年02月19日

短期合格の秘訣

 少し大げさになるかもしれませんが、国民は、良質な法的サービスを提供してくれる法律家を求めています。
 そのためには、試験に合格するだけではダメで、実務家になって、経験を積む必要があります。
 考えながら経験を積めば積むほど、良質な法的サービスを提供できるようになるからです。これは社労士も同様だと思います。
 
 早く実務家になって経験を積み、早く一人前になってほしい。これは社会全体からの要望なのです。
 そのためには、早く試験に合格する必要があります。私も、働いてみて、初めて実感しました。


 そこで、ひらくの社労士合格塾2回目は、短期合格の秘訣について書きます。
  短期合格の秘訣は、いろいろあると思いますが、その一つは、ズバリ「勉強する対象をできるだけ広げないこと」 です。
 
 ここでいう「対象」とは、テキスト、参考書、問題集、予備校(塾、受験指導校や受験団体とおっしゃる先生もいらしゃいますが、このブログでは「予備校」といいます。)の講座など、勉強教材のことです。

 「このテキストは、ほぼマスターしたけど、これでは、まだ合格できないから、新しい参考書を買おう、とか、あの予備校のあの講座を受講しよう」という感じに、合格に向けて、少しずつ勉強対象を広げていくのが望ましいのです。
 これは、受験勉強の心得としては、かなり重要だと思います。
 

 ある司法試験予備校の先生(弁護士の先生です)は、
司法試験は、お金がないほうが合格する。」とおっしゃっていました。
 この言葉の意味は、お金がないほうが、あれこれといろいろな教材に手を出さずに、よく吟味した教材をしっかり勉強するので合格しやすいというものです。また、お金がないので、遊ばず勉強するという意味もあります(笑)。


 幸いなことに、今は、いきなり予備校に通わなくても、大型の書店に行けば、予備校の先生が書かれたテキスト、参考書、問題集などが山ほど置いてあります。 これを利用しない手はありません。
  
 そこで、受験勉強のスタートは、予備校の先生が書かれた市販の入門テキストを1冊買ってきて、何回も読む。これがベストです。

 
どのようなテキストを選ぶかについては、次回に。
 では、また。
posted by ヒラク総合法律事務所 at 17:13 | TrackBack(0) | ひらくの社労士合格塾